記事詳細

関電、橋下徹氏の社外取締役起用を拒否へ 

 関西電力が、筆頭株主の大阪市から提案を受けていた橋下徹元市長の社外取締役起用を拒否する方向で調整に入ったことが分かった。月内の取締役会で最終的な結論を出し、6月の定時株主総会で、関電側がまとめた役員人事案を提案するとみられる。

 社外取締役らが役員人事などを審議する「人事・報酬等諮問委員会」が20日に開かれた。特定の政党色が強いことや、大阪市の意見だけを取り入れることに慎重な意見が相次いだとみられる。

 大阪市の松井一郎市長は17日、社外取締役に橋下氏を推薦したことを明らかにし、「関電の経営体質をよく知っていて、コンプライアンス(法令順守)にも詳しい。関電の問題点を一番よく分かっている」と説明。関電が応じない場合は株主代表訴訟に踏み切る可能性を示唆している。