記事詳細

少なさ際立つ日本の「コロナ死」 病床数など関係も…「ドイツや韓国を見習え」論の不可解 (1/3ページ)

 新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言から2週間が経過した。20日には1日で最多となる25人の死者が出るなど厳しい状況が続く日本だが、統計上で特筆すべきなのが、欧州や米国などと比べて死者数が少ないことだ。特に人口比でみるとその差は歴然だ(別表)。今後も感染爆発の恐れはあり、気を緩めるのは厳禁だが、「コロナ死を隠している」など荒唐無稽な説に惑わされず、事実を確認しておきたい。

 国内では20日、新たに345人の新型コロナウイルス感染が確認された。死者は25人で1日の死者数として最多、累計276人となった。

 だが、人口10万人当たりの死者数ではスペインの43・8人、米国の11・9人と比べると日本は約0・2人と2ケタ違う。

 なぜか一部メディアがほめそやすドイツの死者数は4300人を超えている。ワイドショーなどが持ち上げる韓国も死者数は20日時点で236人と日本を下回るが、人口比ではほぼ2倍だ。

 こうした数字を挙げるとすぐに出てくるのは「日本はPCR検査が少ないため実態が反映されていない」という議論だ。日本は医療崩壊を避けるため重症者の治療やクラスター(感染者集団)つぶしに重きを置いてきたため、カウントされていない無症状者や軽症者が多い可能性はある。だが、「新型コロナによる死者を隠している」というのはさすがに荒唐無稽だ。

関連ニュース