記事詳細

高級酒や現金が… 大阪、営業自粛の休業店舗で窃盗相次ぐ

 新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言に伴い民間施設に休業要請が出ている大阪府で、営業を自粛し無人となった店舗を狙ったとみられる窃盗が目立ち始めた。府警は「扉や窓を確実に施錠し現金や高額商品を置いたままにしないで」と呼びかけている。

 府警によると、20日までに大阪市の繁華街ミナミの飲食店や衣料品店で4件の被害を確認。無人だった店舗のガラスが割られるなどし、現金約1万円や商品が盗まれた。

 高級クラブが並ぶ北新地でも空き巣が多発。バーやクラブが加盟する「北新地社交料飲協会」によると、休業中の少なくとも4軒のスナックで高級酒のボトルなどが盗まれているのが見つかっている。

 堺市堺区では同じ雑居ビルに入るスナックなど少なくとも3店舗が荒らされ、売上金約10万円や酒が盗まれる窃盗事件が起きている。

関連ニュース