記事詳細

金正恩氏「重篤状態説」に騒然! 妹の与正氏はすでに後継指名?北朝鮮に何が起きているのか 識者「何らかの異変が…」 (2/2ページ)

 3月には、短距離弾道ミサイルとみられる飛翔(ひしょう)体を4回発射した。11日の党政治局会議では、正恩氏直属の国務委員会メンバーが大幅に入れ替わったうえ、正恩氏の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が党政治局員候補に返り咲いた。与正氏は最近、米国や韓国への談話を相次ぎ発表し、存在感を増している。

 前出の李氏は「昨年2月の米朝首脳会談以来、北朝鮮の権力内部は平穏ではない。幹部の粛清も重なり、正恩氏のストレスもたまっていたとみられる。与正氏は昨年暮れに後継者指名されたという情報もある、外交や軍事問題の談話を発表するなど、全体状況をみており、正恩氏の激務を肩代わりする部分があったのではないか」とみる。

 一方、高氏は「正恩氏が『太陽節』に姿を見せなかったのは、何らかの異変があったとはいえる。ただ、老幹部を追い出す人事などは頻繁に行っている。与正氏も復帰しただけで、この間の人事や軍の動向も通常通りだ」と分析している。

関連ニュース