記事詳細

コロナ禍でコンドームが世界的品薄!? 最大手メーカーが生産減…日本でも外出自粛で高まる需要 (1/2ページ)

 コロナ禍でマスクや消毒液が手に入りにくくなっているが、世界では意外な商品の品薄が警戒されている。世界最大手のコンドームメーカーが生産数の大幅減少を余儀なくされる一方、インドではコンドームの需要が2~3割ほど増加したという報道もある。気になる日本の状況は-。

 新型コロナウイルスの影響で生産活動が制限されているのは世界シェア約2割とされるマレーシアのコンドームメーカー「カレックス」。AFP通信は、同社の3月中旬から4月中旬の生産数が2億個少なくなるとの見通しを報じた。

 マレーシアでは3月18日に国民の移動や企業活動を制限する「活動制限令」を出した。当初は3月末までの予定だったが、感染者数が増え続けたことから延長を重ね、今月23日には5月12日まで延長された。23日現在で5500人を超える感染者が確認されている。

 ロイターによると、カレックスは医療関係者の依頼で、2つの生産ラインを利用して手指用消毒剤の生産に乗り出したという。

 インドの日刊紙、エコノミックタイムズは3月24日付の記事で、同国内でコンドームの需要が高まっていると報じた。外出自粛で普段多忙なカップルが自宅で一緒に過ごす時間が増えたこと一因だとしている。

関連ニュース