記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「笑」》ライブ・フロム・ズーム (1/2ページ)

 米国人の土曜夜の定番の楽しみ方は、40年以上続く米NBCの人気コメディー番組「サタデー・ナイト・ライブ」を見ること。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でこの人気番組は、放送が中断。4月11日に、約1カ月ぶりにキャストがそれぞれ自宅から出演する形で再開した。番組は冒頭、「ライブ フロム ニューヨーク」(ニューヨークから生放送)との決まり文句で始まるが、この回は「ライブ フロム Zoom(ズーム)」と呼び掛けた。新型コロナ禍で話題の、ビデオ会議サービス「ズーム」をテーマにした新しい放送回となった。

 11日のホスト役を務めたのは、3月に滞在先のオーストラリアで新型コロナ感染が判明し、回復を遂げた人気俳優のトム・ハンクス。自宅キッチンから丸刈り姿で出演し、「映画の役作りで刈り上げたんだ。心配しないで」と説明。新型コロナに感染したことで、「誰も僕に近づかないし、周りの人を不快にさせたりして。家庭で厄介者扱いされている典型的なおやじになり下がっちゃった」と自虐ネタで笑わせた。

 そして25日の放送回では、ブラッド・ピットがホスト役に。政府の新型コロナの対策チームの顔となっている国立アレルギー感染症研究所長のファウチ博士に扮して登場した。

 トランプ大統領の記者会見に同席し、暴走するトランプ氏の“ストッパー”役として国民の信頼感を高めているファウチ博士。とくに高齢女性に人気があるようで、会見の配信動画には、ハートマークが飛び交うほど。ブラピ演じるファウチ博士は、「私を応援し、元気づけ、時にきわどいメールを送ってくださる年配のご婦人方に感謝します」と述べてスタート。