記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「笑」》ライブ・フロム・ズーム (2/2ページ)

 そして、トランプ氏の発言をいくつかピックアップし、番組の真骨頂である政治風刺を炸裂させた。トランプ氏が繰り返す「ウイルスは奇跡のように消滅する」との発言に対しては、「奇跡を第1案にしてはいけない」と一蹴した。

 最後はウィッグをとって、本物のファウチ博士に向けて、「あなたの穏やかさと明瞭さに感謝します」との言葉を送ったブラピ。かすれた声色、表情といった特徴をとらえ、イケメン俳優が、79歳のファウチ博士に見えてくるから不思議だ。

 「こんな時に笑いを取ろうとするのは、非常識と思うかもしれない。でも、今夜は全力でみんなを笑わせてみるよ」。復活回でトム・ハンクスがこう語っていたが、評判は上々のよう。キャスト陣も、ステイホームをネタにしたエクササイズ動画や、ビデオ会議に不慣れな人たちのコントなど、巣ごもり生活のあるあるネタで視聴者を楽しませた。

 米国では新型コロナの死者が6万人を超えている。ただ、人々の日常は続いている。3月半ばにコロナ禍になってから、米国人の友人たちから送られてくるのは、ブラックジョークの動画や写真ばかり。みんな笑いに飢えているし、笑いを求めている。(M)

 米社会のこと、ニューヨークのこと、何でも取材中。

【zak女の雄叫び】取材や日常…。女性記者21人が月ごとのキーワードで本音を綴るリレーコラムです。5月のお題は「笑」です。