記事詳細

安倍晋三首相、緊急単独インタビュー!「まさに『戦後最大の国難』に直面…国民の命と雇用を守る」 10万円給付「一日も早くみなさんに届ける」 (4/4ページ)

 --ジャーナリストの田原総一朗氏のブログに、4月10日に官邸で面会した際、安倍首相が「第三次世界大戦は核戦争になるであろうと考えていたが、この新型コロナウイルスの拡大こそ、第三次世界大戦だと認識している」と語ったとある

 「田原さんは、思い違いしておられる。それは田原さんの発言で、私は『そういう見方もありますね』と答えただけだ。そもそも、人類が2つの陣営に分かれて戦うのと、人類が一致結束して『未知のウイルス』と戦うのは違う。私がそんな発言をしたことはない」

 --国際通貨基金(IMF)は、2020年の世界経済が、世界恐慌(1930年代)以来、最悪の景気低迷に陥ると想定している

 「経済における、政治の最大の責任は『雇用を守ること』だと思う。雇用を守ることが、生活を守ることになる。今、世界経済が大きなショックに見舞われている。前述したように、国内総生産(GDP)の2割を上回る、世界的にも最大規模といえる117兆円の緊急経済対策を策定した。日本はこれまでもさまざまな危機に直面するたびに、日本人の底力を発揮して復活してきた。新型コロナウイルスが終息した後、日本経済がV字回復できるように全力を尽くしたい」

 --1年後に延期した東京五輪・パラリンピックは

 「五輪はまさに平和の祭典だ。世界中の人々、国々が集い、スポーツを競い合う。スポーツの力によって、世界に平和と繁栄をもたらす。人類が新型コロナウイルスに打ち勝った証しとしての、東京五輪・パラリンピックは大きな意義がある。国民のみなさんや、世界の人々の協力を得て、必ず成功させたい」

 (取材・矢野将史、村上智博、海野慎介 カメラ・春名中)

 インタビューは4月24日、首相官邸内で「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」を確保して行いました。

関連ニュース