記事詳細

コロナストレスで「自粛警察」出没! ネット上で感染者を「公開処刑」、リアルでは“他県ナンバー狩り”も (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が延長され、人々のストレスも限界を迎えているのか。ネット上では感染者の個人情報を暴露するなどつるし上げが横行、リアルでは他県ナンバーの車や営業を続ける飲食店に嫌がらせする「自粛警察」も出没している。正義感で“取り締まり”している人も多いとみられるだけに厄介だ。

 「クズすぎる!」「バカすぎ」などとネット上で怒りの矛先となっているのは、山梨県で感染が確認された東京都内に住む20代女性だ。女性は4月26日に味覚や嗅覚に異常があったが28日まで勤務先に出勤。今月1日に検査を受け、陽性だったにもかかわらず、2日に高速バスを乗車し、乗車日を虚偽申告していた。

 女性の友人男性も感染が確認されたことから、女性の行動に問題があったことは否めない。だがネット上では、女性への罵詈(ばり)雑言だけでなく、顔写真や本名、プライベートなど真偽不明の情報がさらされ、「公開処刑」の様相だ。

 配慮を欠く言動はネット上だけではない。感染拡大の防止策として、都道府県をまたぐ移動の自粛が呼び掛けられていることから、他の都道府県ナンバーの車両に傷を付けたり、幅寄せするなどといった迷惑行為が相次いでいる。「他県ナンバー狩り」なる言葉まで生まれている状況だ。

関連ニュース