記事詳細

テレ朝ワイドショーに医師が困惑「真逆の意見として放送された」 国会議員からは「事実誤認」と指摘 (1/2ページ)

 テレビ朝日系の2つのワイドショーが、ネット上で話題となっている。平日朝に放送している情報番組「グッド!モーニング」と、「羽鳥慎一モーニングショー」の放送内容について、取材に応じた医師や国会議員から「取材内容と異なる」「事実誤認」という指摘が噴出したのだ。どういうことなのか?

 まず、7日放送の「グッド!モーニング」について、海外から一時帰国して新型コロナウイルスに関する診療にあたっていた心臓外科医の澁谷泰介氏が「編集で取材内容とはかなり異なった報道をされてしまい、放送を見て正直愕然(がくぜん)としました」「僕の映像が編集され真逆の意見として見えるように放送されてしまい」などと、自身のSNSなどで発信している。

 投稿によると、澁谷氏はPCR検査の数について、「今の段階でいたずらに増やそうとするのは得策ではない」という立場をとったが、実際の放送では、日本のPCR検査件数が欧州と比べて後れをとっているとする論調の中で、「(日本も)PCR検査を大至急増やすべきだ」というメッセージの一部として自身のコメントが編集されていたという。

関連ニュース