記事詳細

韓国の文大統領、防疫で「世界をリード」と自賛 就任3年演説、集団感染に危機感も (1/2ページ)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は就任から3年を迎えた10日、大統領府で演説し、新型コロナウイルスの防疫で「既にわれわれは世界をリードする国になった」と強調した。「経済危機の克服でも世界の手本を目指す」とし、残る2年の任期で「世界をリードする韓国の道を切り開いていく」と訴えた。

 歴代大統領が任期後半のレームダック(死に体)化に悩まされてきた中、文氏は新型コロナの押さえ込みが評価され、支持率が71%に上昇。最重視してきた北朝鮮問題や経済政策で目に見えた成果は乏しく、防疫での評価を前面に掲げ、求心力を維持したい考えだ。

 ただ、ソウルの歓楽街のクラブを中心に最近、集団感染が判明。感染拡大を許せば、政権支持の根拠を失いかねず、「防疫の手綱を緩めてはいけない」と危機感の共有を国民に求めた。

 一方で、迅速な検査体制など韓国式防疫を指す「K防疫」は「世界の標準になった」とアピール。「韓国の国家としての地位と国民の誇りはいつにも増して高まっている」と強調した。

 新たな感染の波に備え、防疫を統括する疾病管理本部の独立性を強化し、疾病管理庁に昇格させるなどの政策を打ち出した。経済の低迷をめぐっては、IT・デジタル事業で雇用を創出する「韓国版ニューディール」を国家プロジェクトとして推進すると宣言した。