記事詳細

【永田町・霞が関インサイド】米メディアCNN、突出した「反トランプ」の偏向報道 日本に関するコロナ報道にも疑問 (1/2ページ)

 米主要メディアで「反トランプ」報道が際立っているのは米紙ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、そしてCNNテレビである。中でも、CNNのコロナ禍に関する偏向報道は突出している。

 米メリーランド州ベセスダにある国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は5月12日夜、米議会上院の公聴会でビデオ映像を通じて証言した。

 このファウチ証言についてのCNN報道は、明らかに経済活動再開を急ぐドナルド・トランプ大統領に対するネガティブ・キャンペーンと言って差し支えないものだった。

 ファウチ所長は、民主党議員から「国民に対して注意を促したいメッセージは何か?」と問われて、以下のように答えた。

 「われわれは米国の経済活動再開を安全に行うためのガイドラインを作成した。その中で幾つかのチェックポイント(基準)を設け、それぞれの地域の感染状況によって再開の時期やスピードが異なるものと想定している。私は一貫して言い続けているが、一部の州あるいは市が、チェックポイントを無視して、例えばフェーズ1をすっ飛ばしてフェーズ3にいきなり入るなど経済活動再開を急げば、集団感染の拡大につながる懸念を持っている」

関連ニュース