記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「笑」》 笑い声響く「オンライン朝の会」 (1/2ページ)

 息子たちが1日の大半を自宅で過ごすようになってから、2カ月半が過ぎようとしている。夫も私も在宅ワークが続いている。10年以上、子供と過ごす時間が少ないことを気に病んできたワーキングマザーの悩みはどこへやら。四六時中、子供と顔を突き合わさなければならない生活に、だんだん疲れがたまってきた。

 リビングでノートパソコンを立ち上げ、仕事をしようにも、子供たちの一挙手一投足が気になって仕方がない。

 子供たちは学校から配布された自宅学習の時間割通りに自習するはずもなく、気が付けば、ベッドルームで取っ組み合いをしている。リビングから10メートルも離れていないベッドルームに向かって、私が「静かにしなさーい」と大声を張り上げると、同じダイニングテーブルで仕事をしている夫は、眉間にしわを寄せて、こちらをにらむ。ギスギスした空気が漂い、不機嫌が連鎖していく。

 こんなことではいけない。感染症が蔓延(まんえん)する今、大切なのは免疫力の向上だ。笑うことで免疫力が上がるという医学的な研究もあると聞く。

 気の利いたギャグは言えないけれど、子供たちを笑顔にしたくて、ママ友と、ある企画を考えた。名付けて「オンライン朝の会」。

 ビデオ会議システムのZoom(ズーム)を使って、毎朝、自宅学習の前に、友人同士、おしゃべりをする機会を作った。すると効果はてきめん。パソコンの前でげらげら笑っている息子たちの姿を見られるようになった。