記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】コロナ批判はしっかり相手を見ろ! 安倍政権を責めている場合やない…本当の責任は発生源ごまかした中国 (2/2ページ)

 第一、安倍政権が、そんな強硬策を取ろうとするどころか、緊急事態宣言を可能とする法案を提出しただけで「ファシズム」やの「ケンポー違反」やの「コリアン(パチンコ店)ヘイト」やの、野党のセンセイ方の尻馬に乗って大騒ぎしとる連中ばっかりやんけ。

 安倍政権をコキ下して、いちびっとるけど、敵は新型コロナウイルスと、その発生源をごまかすために自国での感染抑え込みに成功した、とコキ、国際社会で居直り続けるどころか、火事場ドロボーみたいに、わが国沖縄県の尖閣諸島周辺の領海に侵入し続けとる恥知らずの中国やろ。

 補償は、そんな中国政府にもかかわらず統治時代に求めるべきや。安倍晋三首相も、まさかまだ習近平国家主席を国賓として招こうとは考えてないと思うけど、まだまだ中国人団体客や韓国人の入国なんぞ認めたらアカンで。中国が出すデータも発生源に関する言い分もゆめゆめ信じたらアカン。何ちゅうても「南京大虐殺」に天安門事件、パクリ新幹線埋め立て…と証拠捏造(ねつぞう)と隠滅は中国人のオハコやからのう。

 ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。

関連ニュース