記事詳細

新型コロナを「中国共産党ウイルス」命名の元教授逮捕で物議 (1/3ページ)

 中国では新型コロナウイルスの感染者が急速に減少しており、「抑え込み」に成功した、などと政府が誇示するような状況にある。そんななか、感染の拡大が分かった当初、湖北省武漢市などでコロナ禍の実情を隠蔽した習近平指導部を激しく批判し、新型コロナウイルスを「中国共産党ウイルス」と名指しした北京科学技術大学の陳昭志元教授が逮捕されたことが明らかになった。

 また、武漢市に住む女性作家、方方氏が武漢封鎖のほぼ3か月間の模様を記録した『武漢日記』と題する本について、当初は「文学性の高い記録」などと称賛していた中国当局が、この本が米国の大手出版社から発行されることが分かると一転して、方方氏を「売国奴」などと非難するなど強硬な姿勢に転じた。これらは新型コロナ問題が単なる疾病から、政治的、国際的な問題に変わりつつあることを示している。

 米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によると、陳氏は1月下旬、中国当局が新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐために武漢を都市封鎖し、北京や上海などの大都市圏でも厳しい外出制限を敷くなどの措置についてネットで言及したという。

 内容は、「当局が情報を隠蔽したために起こったことであり、新型コロナウイルスは『中国共産党ウイルス』と呼ぶべきだ」などの過激なメッセージだった。

 北京の警察当局は4月14日、「社会不安を引き起こし、人心をかく乱した」などとして、陳氏を逮捕。陳氏は警察の取り調べに対して、それらの容疑を強く否定しているという。

NEWSポストセブン

関連ニュース