記事詳細

飼い主が新型コロナに感染…ペットはどうする? ペット保険大手は「無償預かり」発表 (1/2ページ)

 自分が感染した場合、ペットを預かってもらえないか-。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、こうした飼い主からの相談が各地の動物愛護団体やペットホテルに相次いでいる。ただ、海外ではペットが感染した事例もあり、預かりに応じる施設はほとんどない。そんな中、ペット保険大手が感染者の犬猫を無償で預かると発表し、飼い主から注目されている。

 「発熱し、コロナかもしれない。隔離された時は猫の預かりを頼めないか」。群馬県の愛護団体に3月、県内の高齢女性からこんな内容のメールが届いた。女性は17歳の猫と暮らしており、身内はいないという。

 結局、女性の熱は数日で下がり、具体的な話には進まなかった。相談を受けた愛護団体ではこの一件を受け「新型コロナは動物への感染など未知の部分が多く、リスクが大きすぎる」と、預かりはしないと決めた。

 ペット向けのサロンやホテル約700店が加盟する日本ペットサロン協会も、感染者のペットは極力預からない方針だ。東京都獣医師会は、飼い主が感染して自宅で世話ができない場合、ペットはなるべく早く預ける方が良いとしているが、こうした事情もあり「預け先がない」と悩む飼い主は少なくない。

関連ニュース