記事詳細

本当に“見習って”いいのか!? 韓国・文大統領が自賛する「K防疫」の実態 徹底監視で個人のプライバシーを暴露! 識者「民主主義とはかけ離れた手法」 (1/2ページ)

 ソウル市内のゲイクラブを感染元として、新型コロナウイルスの第2波が襲っている韓国。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が自賛する「K防疫」だが、その実態は、当局によるプライバシーを度外視した徹底監視態勢だったことが、あらためて浮き彫りになっている。

 韓国の防疫対策本部は15日、ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)のクラブのクラスター(感染者集団)に関連する感染者数が153人に達したと発表した。

 朝鮮日報によると、集団感染をめぐりソウル市教育庁が「男性同性愛者向け休憩所などを同市地域の教職員158人が訪れていた」と公表した。また、クラブを訪れた20代の塾講師が10代の生徒に感染させ、その生徒の家庭教師にも感染するなど2次感染、3次感染も確認されている。

 特徴的なのは、こうした感染経路を特定する手法だ。現場周辺のクレジットカードの決済記録や携帯電話の位置情報、防犯カメラの映像を当局が把握しており、クラブの来店客を約8500人の警察官を動員して追跡していると報じられた。

 しかし、個人情報がさらされることを恐れて、音信不通の来店客も多い。名簿から電話番号を割り出すにも嘘の記載も多いため、3000人以上と連絡が取れていないのが実態だという。

関連ニュース