記事詳細

【日本復喝!】コロナ対応に追われるなか、中国の軍事的挑発がエスカレート! 中国公船が日本漁船を追い回すも…政府は相変わらずの「遺憾砲」だけ (1/3ページ)

 中国発の新型コロナウイルスは、世界全体で死者は31万人を超え、感染者は460万人以上となった(=米ジョンズ・ホプキンズ大学、16日集計)。被害拡大のスピードは衰える様子がなく、世界各国が対応に追われるなか、習近平国家主席率いる中国は何と、沖縄や台湾を含む東・南シナ海で覇権拡大に向けた動きを強めている。わが日本は、同盟国・米国や欧米諸国と連携して「安全保障の危機」「自由民主主義の危機」に対峙(たいじ)できるのか。産経新聞論説副委員長の佐々木類氏が集中連載「日本復喝!」で核心に迫る。

 中国の軍事的挑発がエスカレートしている。中国海軍の空母「遼寧」などの艦隊(6隻)が4月11日、沖縄本島と宮古島の間を南下して西太平洋に抜けた。同艦隊は同月28日、同じ海域を北上して東シナ海に向かった。「遼寧」が同海域を通過するのは5回目だが、往復したのは初めて。

 中国や北朝鮮をにらんで米領グアムのアンダーセン空軍基地に前方展開していた戦略爆撃機B52「ストラトフォートレス」を、米本土からの運用に切り替えた直後だけに、警戒すべき動きである。わが者顔でドンガラ空母が遊弋(ゆうよく)する姿は、西太平洋の王者気取りだ。

 ただ、慌てる必要はない。海面下では、海上自衛隊の潜水艦と米潜水艦がピタリと追尾しているだろう。宮古島では、陸自の地対空、地対艦ミサイル部隊が大きな的が来たとばかり、手ぐすね引いて待っていた。

 一方、沖縄・尖閣諸島周辺の領海内で、中国公船が日本漁船を追い回した事案は看過できない。

関連ニュース