記事詳細

ゴーン被告の逃亡手助け 元グリーンベレーらの身柄拘束

 日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告(66)が保釈中に無断出国し、中東レバノンに逃亡した事件で、米当局は20日、犯人隠避などの容疑で逮捕状が出ていた米国人2人を東部マサチューセッツ州で拘束した。日本側が身柄引き渡しを求める手続きを行う。

 拘束されたのは、米国籍で米陸軍特殊部隊グリーンベレー元隊員のマイケル・テイラー容疑者(59)と、息子のピーター容疑者(27)。両容疑者は同州の連邦裁判所によるオンラインでの司法手続きに参加したが、事件に関する具体的な発言はなかった。

 東京地検は今年1月、ゴーン被告の不法出国の手助けなどをした疑いで両容疑者ら3人の逮捕状を取得していた。

関連ニュース