記事詳細

弁護士ら660人が安倍首相などに対する告発状を提出 「桜を見る会」問題で

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」前夜に開かれた夕食会で、参加した有権者に飲食代を提供したとして、全国の弁護士や学者ら約660人が21日、公選法違反(寄付行為)と政治資金規正法違反の罪で、首相と後援会幹部の計3人に対する告発状を東京地検に提出した。地検は受理するかどうか検討する。

 夕食会は2018年4月、都内のホテルで開かれ、安倍首相の支援者ら約800人が参加。会費は1人5000円だった。告発状によると安倍首相と後援会幹部は、1人当たりの飲食代が少なくとも1万1000円はするのに5000円ずつしか徴収せず、後援会の政治資金収支報告書にも夕食会の収支を記載しなかったなどとしている。

関連ニュース