記事詳細

「ホリエモン新党」設立 N国党・立花孝志党首、都知事選に向け

 NHKから国民を守る党の立花孝志党首は25日、親交のある実業家、堀江貴文氏の通称を冠した政治団体「ホリエモン新党」の設立を東京都選挙管理委員会に届け、受理された。代表は立花氏が務める。都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)への堀江氏の立候補に期待しており、連携強化の狙いがある。

 堀江氏は同日、《私が出す東京改造計画は、特定の政党や候補者を支援することを目的とするものではありません。また、私も特定の政党や候補者とは関係ありません》とツイートした。

 一方、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)も25日、都知事選に立候補すると自身のツイッター上で表明した。「多くの都民・市民の方々から立候補の要請を受け、徐々に出馬に向けた決意を固めてきた」としている。

関連ニュース