記事詳細

【富坂聰 真・人民日報】リミッター外れた!? 中国が開始した米首脳への“個人攻撃” 北朝鮮のような幼稚な罵り言葉で… ついに米との“衝突”覚悟か (1/2ページ)

 ついに中国がリミッターを取っ払った-。

 最後の引き金になったのは、やはり台湾問題だ。今年、東アジアの安全保障を語る上での最重要ポイントだと本連載でも触れてきた。蔡英文政権の台湾は、中国への対決姿勢で支持を維持するしかない。それがアジアの最大の不安定要因だからだ。

 その蔡氏にマイク・ポンペオ米国務長官がエールを送ったことで中国はついにドナルド・トランプ大統領の個人攻撃まで始めたのだ。その中身も北朝鮮を彷彿(ほうふつ)とさせる幼稚な罵(ののし)りなのだ。

 米中関係が急速に悪化した入り口は4月中旬のポンペオ国務長官と楊潔チ国務委員の電話会談だ。楊氏がトランプ政権の閣僚を「政治屋」と呼び、月末には中国メディアが一斉にポンペオ氏への個人攻撃を開始した。そして5月21日、とうとうトランプ氏もそのターゲットになったのである。

 私はこれまで何度も中国で「緩やかな“脱米”」が起きていると書いてきた。しかし、事態はもはや「緩やか」ではない。

 21日付『人民日報』は〈真実に耳をふさいだトランプに首を斬られた人々〉と題して、罷免された米政府スタッフの顔写真を並べ、下院の批准が必要な全755ポストのうちいまだ154が空席だと報じたのだ。米中対立ではなく大統領の政治手腕を揶揄(やゆ)したのだ。

 新型コロナウイルスの問題では、中国駐フランス大使館が漫画でトランプ氏をからかった。多くの研究者たちが「ウイルスはどこから来た?」と迷っているのを押しのけ「オレは知っている」と登場するトランプ氏が「チャイナだ、チャイナだ」と子供っぽく連呼する内容だ。

 もはや論争ではなく挑発だ。そして確信犯だ。

関連ニュース