記事詳細

武漢で再び感染拡大の危機 1100万の市民にPCR検査実施へ (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの発生源とされ、4月下旬に2カ月半の都市封鎖が解除されたばかりの中国湖北省武漢市で、5月中旬、1人の重篤感染者を含む6人が新型コロナウイルスに感染したことが分かり、武漢市政府は全市民約1100万人に新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査を実施する方針を決めた。

 この6人は感染者数には入っていない無症状感染者からウイルスをうつされたとみられ、すでに5000人の市民が隔離状態に置かれているという。

 また、市政府はこれ以上の感染拡大を警戒して、市内全域の8地区での宅配サービスを停止する通達を出しており、武漢では再び緊急事態が懸念されている。

 米国政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によると、武漢市中心部で市民の憩いの場と知られる中山公園の一角で、散歩中だった男性が10日、突然口から泡状のものを吐いて倒れたことから、近くの市民が警察に連絡した。

 男性は救急車で病院に搬送されたが重篤な状態だった。病院で検査を受けたところ、新型肺炎の症状を呈していた。市内では、その日のうちに新たに5人が新型コロナウイルスに感染していることが判明した。

 このため、武漢市党委員会は同日夜に緊急会議を開き、12日から武漢市内全域の8行政区での宅配の配送業務の停止を発表した。さらに、全市民1100万人を対象に、10日以内にPCR検査を受けることを決定。少なくとも、5月中には全市民の検査が終わるよう指示している。

 市当局は検査と並行して、男性ら6人の感染源を特定し、濃厚接触者や無症候性感染者を中心に約5000人の住民が自宅に隔離したほか、感染したとみられる180人が病院などで治療を受けさせている。

NEWSポストセブン

関連ニュース