記事詳細

【勝負師たちの系譜】昇段を知った時は嬉しいというより…厳しすぎる「三段リーグ」 (2/2ページ)

 私の三段リーグは、4期目に関東で優勝。関西は淡路仁茂三段(当時)が優勝したが、前述の年2人になる時、3回リーグ優勝は決戦なしで昇段という特例が付けられた。

 淡路さんがこれに該当(過去2回決戦に敗れて)したため、私も鬼のような決戦なしで四段に昇段した。

 四段になった日、私は第23期棋聖戦、米長邦雄棋聖-内藤国雄八段戦(共に当時)の第5局の記録係をしていて、夕食休憩時に関西で淡路優勝を知った。

 棋聖戦は内藤勝ちで、棋聖奪取。タイトル3期の規定で九段に。終局後は2人の昇段のお祝いをして頂いた。

 昇段を知った時の感想は、嬉しいというより、これで生きていける。ビルの屋上から飛び降りる夢を見なくて済むというものだった。

 ■青野照市(あおの・てるいち) 1953年1月31日、静岡県焼津市生まれ。68年に4級で故廣津久雄九段門下に入る。74年に四段に昇段し、プロ棋士となる。94年に九段。A級通算11期。これまでに勝率第一位賞や連勝賞、升田幸三賞を獲得。将棋の国際普及にも努め、2011年に外務大臣表彰を受けた。13年から17年2月まで、日本将棋連盟専務理事を務めた。

関連ニュース