記事詳細

コロナ対策支援給付金遅れの「真犯人」!? 野党やリベラル系マスコミの猛反対で… 評論家の八幡和郎氏が迫る (1/2ページ)

 新型コロナウイルス対策で、政府が閣議決定した2020年度第2次補正予算案が評価されている。国の財政支出を表す「真水」が31・9兆円と、1次補正を上回る史上最大規模で、民間投資などを含めた事業規模は117・1兆円となった。ただ早速、「スピード感が足りない」などと批判も聞かれる。評論家の八幡和郎氏が第2次補正予算案を考察し、支援遅れの「犯人」に迫った。

 第2次補正予算案は、与党の要求をほとんど丸呑みしたと称されるほどで、「持続化給付金の充実」や、「店舗賃料の支援」「学生支援」「医療対策」「マイナンバー発行の迅速化」などを盛り込み、至れり尽くせりである。

 まさか自分が給付対象となるとは思わなかった、かなりの国民に高額ボーナスが支給されるのと同然になり、私の周囲でも大喜びしている人が多い。読者におかれても自分が対象になる項目がないか、チェックすることをお勧めする。

 コロナ対策で一番使いやすい「持続化給付金」は、今年のどれかの月の収入が前年の半分以下になったらもらえる。休業手当の一部を助成する雇用調整助成金は、休業しなくても減収となるケースが多くて問題だったので、持続化給付金を対策の目玉にしたのは正解だ。

関連ニュース