記事詳細

高須克弥院長、大村知事にNO! 「不自由展」などめぐり、リコール運動 「愛知県知事には県民ファーストの姿勢が必要だ」

 美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長(75)が、愛知県の大村秀章知事(60)の解職請求(リコール)運動を起こす。「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」や新型コロナウイルスをめぐる大村氏の対応を問題視する高須氏は、2日の記者会見を前に夕刊フジに思いを語った。

 リコール運動を担う団体として高須氏が代表の政治団体「愛知の未来をつくる会」を立ち上げ、愛知県選挙管理委員会に届ける。

 高須氏はツイッターで「英霊を侮辱する作品展を、血税を使って行う大村知事は愛知県の恥」と投稿。大村氏が「東京、大阪は医療崩壊の状態」と発言したことも「勇み足」と批判した。

 リコールは地方自治体の首長や議員を解職できる手続きで、原則として有権者数の3分の1以上の署名で住民投票が実施される。約86万人の署名が必要とみられる。

 高須氏は2日、夕刊フジに「個人の思想は自由だが、愛知県知事には県民ファーストの姿勢が必要だ。昭和天皇の写真に火をつけるような作品は県民の意思に反するし、財源が限られているというのに他県民も含めた芸術家への支援を行う決定などは知事としてふさわしくない」と話した。

関連ニュース