記事詳細

尖閣諸島に50日連続で中国公船を確認 菅氏「毅然と対応していきたい」

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で2日、中国海警局の船2隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。これで50日連続の確認となり、菅義偉官房長官は記者会見で「極めて遺憾だ。このような状況を深刻に考えている」と述べた。「東シナ海の安定なくして日中関係の真の改善はない」とも語った。

 菅氏はこれまでも現場海域で中国側への警告や、外交ルートを通じた厳重な抗議を繰り返し実施したとし、「今後ともわが国の領土・領海・領空は断固として守る決意のもと、関係省庁でも緊密に連携しながら冷静に、毅然と対応していきたい」と強調した。

関連ニュース