記事詳細

「微陽性」って何? 医学博士「初めて聞く言葉。医学的には通常使われないのでは」

 巨人は坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスに感染し、東京都内の医療機関に入院したと発表した。気になるのは、PCR検査で検出されたウイルスが微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」と説明されたことだ。

 「微陽性」とは聞き慣れない言葉だが、西武学園医学技術専門学校東京校校長で医学博士の中原英臣氏は「私自身、微陽性という言葉を聞いたのは初めてだ。医学的には通常使われない言葉ではないだろうか」と語る。

 中原氏は「確かにウイルスの量は少ないだろうが、検査の結果、陽性だと分かったから坂本選手らは入院したはずで、周囲にウイルスを感染させる可能性もある。『微陽性』という言葉をあえて用いたのは、開幕戦などを控える手前、ウイルス量が少ないことを強調したかったからではないか」と解説した。

関連ニュース