記事詳細

濡れ衣の女性に性暴行も…北朝鮮「悪徳警察」を金正恩が追及 (1/2ページ)

 北朝鮮が、警察庁に相当する人民保安省の名称を「社会安全省」に変更したことが3日、同国メディアの報道を通じて確認された。

 北朝鮮メディアが人民保安省の名称に言及したのは5月24日、朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議の開催を伝える報道が最後だから、同会議の結果、組織名が変更されたとみられる。

 同省は、1951年に内務省から独立して発足。当時の名称も社会安全省だった。その後、「社会安全部」「人民保安省」「人民保安部」などと改称を繰り返してきた。2016年、国防委員会の廃止に伴って金正恩氏が委員長を務める国務委員会の直属となった。

 一方、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は2日、平壌在住の消息筋の話として、名称変更とともに「社会安全省の組織改編が進行中で、部署によって組織や人員が拡大したり、縮小したりする見込みだ」と伝えた。名称変更の理由や組織改編の内容は詳らかでないが、背景にはどうやら、金正恩氏の同省に対する不満があるらしい。消息筋はRFAに、次のように語っている。

 「最高尊厳(金正恩氏)が主宰した党中央軍事委員会では、人民保安省の事業成果が厳格に検討された。これまで、人民保安省幹部らの権力乱用や官僚主義により、人民の支えとしての役割をまともに果たせてこなかったと追及されたのだ」

 実際、北朝鮮における保安員(警察官)の評判は、きわめて悪い。

デイリーNKジャパン

関連ニュース