記事詳細

「ネトウヨに一矢報いようと」靖国神社に落書き、建造物損壊などの疑い 逮捕の男は他人装う

 靖国神社(東京都千代田区)の公衆トイレに中国・武漢市の人を「皆殺しにしよう」などと落書きしたとして、警視庁麹町署は3日、建造物損壊などの疑いで江戸川区南小岩の会社員の男(33)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は5月4日、神社内にある2つの男性用個室トイレの壁や便器に、黒色のフェルトペンのようなもので「武漢人を皆殺しにしよう」「英霊の眠る地で韓国語を使うな」などと落書きした疑い。防犯カメラ映像の解析で浮上した。

 同署によると、男は落書きを他人の行為に見せかけるつもりだったと説明し、「ネトウヨに一矢報いようと思った」と供述しているという。

関連ニュース