記事詳細

【親も知らない今どき入試】「就活生が選ぶ人気企業」ランキング 損保会社が大躍進、災害の経験が影響か 商社人気はコロナショックで低下 (1/2ページ)

 今週は就職活動中の学生が選ぶ人気企業ランクを紹介したい。

 6月になって各社の選考が始まり、昨年なら6月最初の1週間で数多くの内定が出ていたはずだ。ところが、新型コロナウイルスの感染拡大で就活は停滞してしまった。3月1日から開始予定だった各社の説明会、大規模合同説明会などが開催見送りになった。

 企業の採用支援を行っているワークスジャパン(本社・東京)の清水信一郎代表取締役社長は「企業は説明会で多くの応募者に会って選びたいところですが、それができず、昨年の夏から冬にかけてのインターンシップ参加者へのアプローチ中心で、学生も企業も広範囲から選べない状況です」という。

 たいそう厳しい状況だが、その就活中の4年生の人気企業はどこなのか。

 ワークス・ジャパンが昨年の9月から今年の4月まで、2021年卒業見込みの大学生と修了見込みの大学院生約10万人に、ウェブとセミナー会場でアンケートを実施し、1万2504人から回答を得た。主に文系の学生からの回答結果だ。トップは損害保険ジャパンで、昨年の14位から躍進した。2位は昨年の8位から上がった東京海上日動火災保険、3位は昨年の10位から上がった三井住友海上火災保険だった。損保3社がトップ3を独占した。

関連ニュース