記事詳細

感染者数再び増加傾向の東京、歌舞伎町でクラスターか!? あの手この手で顧客獲得…夜の街“闇営業”の実態 (2/2ページ)

 「キャバクラは休業する店舗が多かったが、ホストクラブでは大手でも4月中に営業を再開した店舗もあった。スタッフが常連客に直接連絡を取ったりして勧誘していたようだ。4月半ばにも少なからず客引きは見かけた」と前出の仙頭氏。

 一般社団法人「日本水商売協会」は5月に会見を開き、経営悪化により休業要請の解除を待たず営業を再開する店舗が増えていると訴えた。

 「一部のホストクラブではスタッフに休業補償を行っていたが、客引きは日雇いのようなもので、収入を得るには働くしかない。風俗店も完全に休業すれば収入がなくなるので、デリヘルはほとんど営業を継続していた。店舗型の風俗店ではスタッフがSNSや風俗情報サイトを介して客に直接連絡を取り、ひっそりと営業していたようだ」と前出の仙頭氏。

 「比較的資金に余裕のある大手では、半額以上の値引きやサイコロの目によって最大無料でサービスを利用できる大胆な作戦にも出ていたようだ」とも。

 濃厚接触は止まらないのか。

関連ニュース