記事詳細

【ジュリア・ミント プーチンの国より愛を込めて】土地特有の文化が生んだ惨状 (2/2ページ)

 北カフカス地方に位置するダゲスタン共和国の主な宗教はイスラム教であり、市民の多くが大家族でたくさんの親戚と非常に密接な関係を保っています。

 例えば、彼らの文化では礼拝以外にも結婚式や葬式などの行事には常に1000人以上の人が集まります。それはパンデミックになろうと変わりませんでしたが、今年の「ウラザバイラム」と呼ばれる、4週間にわたって続いたラマダン(断食月)の終了を祝う最も重要な休日は、最終的に宗教指導者の決定によりキャンセルされました。

 コロナウイルスの脅威はいつまで続くのでしょうか…。

 ■ジュリア・ミント 1994年ロシア連邦バシコルトスタン共和国生まれ。エカテリンブルクの医科大を経て、現在は大学院で眼科学を専攻する傍ら、日本人コンポーザーTAMAKIと共にノーザンスタイル・ダンスミュージック・ユニット“Crystal Mint”を結成。シンガーとして、主にヨーロッパで活動中。特技は英語、腕立て伏せ。(crystalmint.info)

YouTube : https://www.youtube.com/channel/UC0sottqOcvDqpYRr5AX9PqQ

Website : https://crystalmint.info/

Instagram : https://www.instagram.com/crystalmintmusic/