記事詳細

横田滋さん遺族が会見 息子・哲也さん「何もしていない方の安倍政権批判は卑怯…拉致なんかないと言ってきたメディアに責任」

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、5日に87歳で亡くなった拉致被害者家族会初代代表の横田滋さんの遺族による記者会見が9日、東京・永田町の議員会館で行われた。妻の早紀江さん(84)と、双子の息子、拓也さん(51)と哲也さん(51)が出席した。

 早紀江さんは、滋さんについて「朴訥(ぼくとつ)な人で、器用ではなかった。病床でも愚痴を言わず、弱音を吐かない強い人だった」といい、「(拉致問題解決に)全身全霊打ち込んで、頑張ったと思っています。本当に安らかに、静かないい顔で天国に引き上げられました」といい、周囲への感謝を語った。

 拓也さんは「父はめぐみの写真を撮ることが大好きだった。どれだけ会いたかっただろうと思うと悔しくて仕方ない」と語り、「私個人は本当に北朝鮮が憎くてなりません。許すことができない。どうして、これほどひどい人権侵害を平気で行い続けることができるのかと不思議でなりません。国際社会がもっと北朝鮮に強い制裁を科して、この問題解決を図ることを期待したい」と語った。

 哲也さんは「いつもにこにこ笑顔で、笑っている印象が強くて優しい人だった」と父を振り帰り、「拉致問題が解決しないことについて、ジャーナリストやメディアの方々の『安倍晋三首相は何をやっているんだ』という発言を耳にする」「安倍政権が問題なのではなく、40年以上も何もしてこなかった政治家や『北朝鮮が拉致なんかしているはずない』と言ってきたメディアがあったから安倍政権が苦しんでいる」「安倍首相は動いてくださっている。何もやっていない方が政権批判するのは卑怯(ひきょう)だ。的を射ていない発言をするのは、やめてほしい」と述べた。

関連ニュース