記事詳細

【不肖・宮嶋 コラコラ記】米国の黒人差別に怒る“良識人”は中国政府の弾圧は怒らんの? 日本も中国への対応はっきりせい! (2/2ページ)

 そのアメリカでも、白人の警官に暴行を受けて黒人が死亡した事件をめぐって、「人種差別」を訴えるデモがエラい騒動になっとるわ。

 それでも黒人のオバマ氏が大統領になったやないか。中国で回教徒であるウイグル人やチベット人が国家主席になることは絶対にない。それどころか、ノーベル平和賞まで授与された、チベット仏教の指導者、ダライ・ラマですら、チベットへ帰ったら間違いなく逮捕され、下手したら殺されてまうやろ。

 仏教徒だけとちゃうで。ローマ・カトリック教会のトップ、歴代教皇は1回も中国へ行ったことはないんや。せやのに、現フランシスコ教皇はトランプ大統領を名指しで非難したりして、いったいどないした?

 アメリカの黒人差別に怒る日本の芸能人はじめ、世界の良識ある人は、香港のデモ隊を「テロリスト」と断じ、銃口を向けるのもためらわん香港警察や背後におる習近平国家主席には何で怒らんの? 中国政府による少数民族への人権弾圧・差別はアメリカの比とちゃうんやで。っていうか、アメリカみたいにデモする自由すらないんや!

 ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。

関連ニュース