記事詳細

「拉致などないと言ってきたメディアが…」横田滋さん遺族の言葉を隠し続けるメディアの異質さ 報じないなら存在価値なし! 作家・門田隆将氏が言及 (1/2ページ)

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)の父、横田滋さんが亡くなったことを受けて遺族が記者会見を行った際、息子の哲也さん(51)が、メディアやジャーナリスト、政治家などを厳しく批判した。ところが、この発言は主要メディアでは、ほぼ報じられなかった。長年、拉致問題を取材し続け、『新聞という病』(産経新聞出版)という著書がある、作家でジャーナリストの門田隆将氏に聞いた。

 「ネット社会になって、真実を無視して隠し続けるメディアの異質さに、多くの国民が気付き始めている」

 門田氏はこう語った。

 その解説は後述するとして、注目の記者会見は9日、東京・永田町の議員会館で行われた。滋さんの妻、早紀江さん(84)と、双子の息子、拓也さん(51)と哲也さんが出席した。

 哲也さんは、病院や教会の関係者へのお礼や、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長への苦言を語ったうえで、一部のジャーナリストやメディア、政治家らが、拉致問題を利用して安倍晋三首相や同政権を批判していることを一刀両断した。

 ネット上では、この発言部分を編集した動画まで拡散され、多数再生されている。だが、主要メディアの反応は鈍く、ユーザーの間には強い怒りや不信感、失望感が広がっている。これは、極めて深刻な事態だ。

関連ニュース