記事詳細

15才少年自殺 10万円で拳銃入手できる「ダークウェブ」の闇 (1/3ページ)

 月曜日の朝8時頃、「パンッ」という乾いた音が、東京・八王子の住宅街の一角に静かに響いた。十数分後、けたたましいサイレンとともに救急車や警察車両が現場に到着し、週の始めの早朝の住宅街は、またたく間に物々しい雰囲気に包まれた。

 「一軒家の2階の自室で、頭から血を流す高校1年生のTさん(15才)が発見されました。事件性はなし。警察はすぐに自殺と判断しました。自ら左のこめかみに拳銃の銃口をあて、引き金を引いたようです。銃弾はTさんの頭部を左から右に貫いていました」(全国紙社会部記者)

 Tさんは母親と姉との3人暮らし。外務省に勤める公務員だったという父親は2年ほど前に病気で他界したという。

 「Tくんは中学生の頃から引きこもりがちで、この春に進学した私立高校も、週に3日だけ登校すればいいという通信制コースでした。お母さんが熱心に勉強や生活をサポートしていましたが、Tくんが5月に腹痛を訴えて病院に行くと、難病の『潰瘍性大腸炎』だと診断された。悩んでいたのかもしれませんね」(Tさんを知る関係者)

 何より世間を驚かせたのが、普通の高校生だったTさんが拳銃を所有していたということだろう。

 「倒れていたTさんのすぐ脇に落ちていたのは、回転式拳銃一丁。いわゆるリボルバーです。アメリカの銃器大手『スミス&ウェッソン』社製で、銃身が銀色のタイプ。弾倉には数発が装填されたまま残っていました」(捜査関係者)

 日本で銃器犯罪が起きた場合、まず疑われる入手ルートは暴力団関係者が関わる「銃器マーケット」だ。海外マフィアなどから日本の暴力団関係者が入手し、裏マーケットで人知れず流通・売買が行われているという。過去に銃器の売買に関わったことがあるという暴力団関係者によると、「最近の拳銃の相場は1丁で50万~70万円」だという。

NEWSポストセブン

関連ニュース