記事詳細

マスク着用でコロナ感染大幅減 「最も効果的」と米チーム

 やっぱりマスクは重要だった。新型コロナウイルス対策で、マスク着用によりイタリアで7万8000人、米ニューヨーク市で6万6000人以上の感染防止につながったとする推計を米テキサスA&M大などのチームが米科学誌電子版に発表した。しぶきや空気中の粒子で運ばれるウイルスの量が減り、流行抑制に最も効果的だとした。

 世界保健機構(WHO)は当初、予防目的の布マスクは不要とする見解で、これを大きく取り上げた日本のメディアもあった。その後、WHOも方針を転換し、マスク着用を推奨している。

関連ニュース