記事詳細

小池百合子氏、都知事選“再選出馬”表明も…「7つのゼロ公約」どうなった? (2/2ページ)

 「ペット殺処分ゼロ」は2018年度に実現し、「児童待機ゼロ」は今年4月時点で17年より7割減の約2300人と、一定の成果を上げたといえるが、残り5つは達成には程遠い。「都道電柱ゼロ」は19年度の地中化率が約4割にしか過ぎない。

 都政運営でも、旧築地市場から豊洲市場への移転先送りなど、とかく「パフォーマンス優先だ」と批判されがちだった。告示直前に「カイロ大学首席卒業」の経歴に疑問を投げかけた週刊文春は完売した。

 小池氏は今回、「3密」回避のため、「街頭には出ない。オンラインによる、ウィズコロナ、ポストコロナの選挙を展開したい」という。

 有権者はどう判断するのか。

関連ニュース