記事詳細

東京でコロナ感染者激増! 大半は夜の街、都知事は「積極的に検査した結果」強調するが… 識者「都の対策はどこかに失敗がある」 (1/2ページ)

 「東京アラート」とは何だったのか。東京都で14日、新型コロナウイルスの感染者が47人報告された。「夜の街」、特にホストクラブ関係者の感染が多いが、従業員らの立ち回り先、さらには女性客らの濃厚接触者から感染が広がっている懸念もある。休業要請緩和が進み、18日には都知事選も告示されるが、都内の感染再拡大のリスクに警戒が必要だ。

 都内の感染者が40人を上回ったのは、緊急事態宣言下の5月5日(57人)以来40日ぶり。

 14日の感染者のうち18人はすでに感染者が出た歌舞伎町などの新宿エリアにあるホストクラブの従業員で、店舗側が新宿区の呼びかけによるPCR検査に協力して判明。残り29人のうち14人も夜の繁華街との関連があった。5人が院内感染が疑われる武蔵野中央病院(小金井市)の患者と職員だったという。

 小池百合子都知事は同日午後、報道陣の取材に「今回は感染者が出た店全体で検査を受けてもらい、無症状の方も呼び込んで積極的に検査した結果としての感染者数だ」と説明し、従来とは感染者を把握した経緯に違いがあると強調した。

 新宿区エリアでは同様の集団検査を3店舗で実施したが、都は市中感染が広がっている状況ではないとの見解だ。一方で利用客の検査は進んでおらず、ひそかに感染が拡大している恐れがある。

 都内では今月2日に「東京アラート」を発令後、10~20人台で推移し、11日に解除したばかりだった。

関連ニュース