記事詳細

小池知事、卒業証書公開で学歴詐称疑惑一蹴も…減らないコロナ感染者が“逆風”に? 都知事選 (1/2ページ)

 東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)の再選に向けて政策発表を行った小池百合子知事。カイロ大の卒業証書と卒業証明書も公開し、一部で報じられた学歴疑惑を一蹴した。ただ、14、15日で新型コロナウイルスの新規感染者は計95人に上り、都民のコロナへの不安感が批判票として表れる可能性もある。

 学歴を疑問視する雑誌や本が出版されるなか、小池氏は15日、都庁で政策発表の記者会見を行った後、カイロ大の卒業証書と卒業証明書の現物を公開、カラーコピーも配布した。「(卒業証書などを)何度も公開してきた」と強調し、「政策論争よりも卒業証書の話のほうが先に出てくるのはふさわしくない」と公表理由を説明した。

 政策発表ではコロナ対策も掲げ、米国の疾病対策センター(CDC)の東京版創設を明示。東京版CDCに都健康安全研究センターなどの機能を集約させるとした。

 都内の新規感染者は14日に47人、15日に48人と増えている。うち55人は新宿エリアのホストクラブなど夜の繁華街に関連し、店舗側が行政の呼び掛けによる集中的なPCR検査に協力して判明した分も多かった。

関連ニュース