記事詳細

塀倒壊で犠牲の女児悼み黙とう 大阪府北部地震から2年

 最大震度6弱を観測した大阪府北部地震から2年となった18日、ブロック塀が倒壊し、4年生だった三宅璃奈さん=当時(9)=が下敷きになって死亡した同府高槻市立寿栄小で、浜田剛史市長や佐藤美恵校長らが正門前に献花し、黙祷(もくとう)をささげた。

 地震は18年6月18日午前7時58分ごろ発生。関連死を含めて大阪府で6人が犠牲となった。消防庁によると、近畿を中心に7府県で約460人が負傷。住宅被害は滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良の5府県で計6万1000棟を超えた。

関連ニュース