記事詳細

【有本香の以読制毒】尖閣を守る海人の心意気 石垣市民に敬意と感謝 「国を守る」と約束した安倍政権も気概を見せよ (1/3ページ)

 日本固有の領土、沖縄県・尖閣諸島が狙われている。中国海警局の武装公船など4隻が24日、領海外側にある接続水域を航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認したのだ。国有化以降、最長の72日連続となる。安倍晋三政権や沖縄県の断固たる姿勢が求められるなか、海上保安庁は冷静かつ毅然(きぜん)と領土・領海を守り続け、尖閣諸島を行政区域として管轄する同県石垣市は、住所地の字名を変更して主権の存在を示した。このタイミングで、尖閣周辺で漁港活動を行った地元ウミンチュ(海人)らの心意気とは。ジャーナリストの有本香氏が人気連載「以読制毒」で迫った。

 拉致特別委員会の質疑もされないまま、5カ月間の通常国会が先週(17日)閉会した。予算審議にコロナ禍が重なったため、「例年の何倍も忙しい国会だった」という議員もいるが、そんな言葉を鼻白んで聞く間にも、コロナとは別の国難が迫ってきている。

 今月8日には、沖縄県・尖閣諸島周辺での中国公船の領海侵入が今年10回目を数えたばかりか、操業中の日本漁船を追い回す事態にまで至ってしまった。まさに悪夢である。

 8年前、当時野党だった自民党の総裁選に電撃立候補した安倍晋三氏が、候補者討論で述べた言葉を今、思い出さずにいられない。

 「(東日本)大震災を通じて私たちは、私たちにとって大切なものは何か、守るべきものは何かを学ぶことができました。それは大切な家族であり、いとおしい故郷であり、かけがえのない日本であります。今、日本の海が、領土が、脅かされようとしています。断固として守るという決意を示していかなければなりません」

関連ニュース