記事詳細

NHK映らない加工テレビに契約義務なし…東京地裁 フィルターに関する訴訟でNHK敗訴

 NHKの放送だけ映らないように加工したテレビを購入した東京都内の女性が、NHKと受信契約を結ぶ義務がないことの確認を求めた訴訟の判決で、東京地裁は26日、請求を認めた。

 NHKは、電波を増幅するブースターを取り付けたり、工具を使って復元したりすれば、放送を受信できると主張したが、小川理津子裁判長は「ブースターがなければ映らないのであれば契約義務はない。自分で加工をしたわけではなく、専門知識のない女性に復元は困難だ」と退けた。

 判決によると、受信料制度に批判的な考えを持っていた女性は、NHKの放送信号を減衰するフィルターを作っていた大学准教授に連絡。准教授は、インターネットオークションを通じて3000円で購入したテレビにフィルターを組み込み、女性に販売した。

 フィルターは「イラネッチケー(iranehk)」と呼ばれるもので、同フィルターに関する訴訟でNHKが敗訴したのは初めて。

 NHK広報局は「判決の内容を精査し、今後の対応を検討する」としている。