記事詳細

阪大、新大学「大阪公立大学」英語名が酷似と批判 西尾総長「たいへんに驚いている」

 大阪府立大と大阪市立大を統合して2022年度に設置される予定の新大学の名称が26日、「大阪公立大学」に決まった。「公立大学大阪」「大阪総合大学」の2案も検討されたが、冒頭に「大阪」という地名を配置し、公立大であると明示した点などが評価された。

 英語表記は「University of Osaka」とし、国立の大阪大(Osaka University)と区別したというが、阪大側は不満を隠さない。

 西尾章治郎総長は、新大学の英語名称の決定について「たいへんに驚いている」とした上で、「海外でも定着している本学の名称と酷似し、世界に羽ばたく両大学の未来に大きな障害となる。意見交換がないまま決定され残念だ」とするコメントを大学のサイトに掲載した。