記事詳細

新型コロナ、世界で1000万人感染 死者は50万人

 米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が28日、世界全体で50万人を超えた。中南米で急増するなど、世界各地で被害が拡大し続け、沈静化の気配は見えない。感染者も28日に1000万人を超えた。

 死者は最初の感染例が世界保健機関(WHO)に報告されてから約3カ月後の4月10日に10万人に達した。その後、ペースは若干鈍化していたが、6月中旬以降の感染者急増も反映し、21日で10万人増となった。(共同)