記事詳細

東京が「コロナ第2波」の震源地に!? 入国規制緩和で…強毒化ウイルス拡散の恐れも (2/2ページ)

 埼玉県の大野元裕知事は29日、直近の2週間に県内で確認された感染者88人のうち、45人が都内で感染した疑いがあるとして、都内での飲食や繁華街への外出を自粛するよう県民に呼び掛けた。高齢者や基礎疾患がある人に対しては「東京への不要不急の外出も自粛してほしい」と要望した。

 西武学園医学技術専門学校東京校校長で医学博士の中原英臣氏は、「東京では市中感染が始まっている状況で、自己防衛が必要だ。埼玉県知事の注意喚起は当然で、千葉県や神奈川県など首都圏の他の自治体にも通じる話だ」と指摘する。

 29日時点で都の入院患者は272人で、うち重症者は12人にとどまっている。ただ、海外では米国や中南米では感染拡大が止まらず、死者は世界で50万人を超えた。入国規制が緩和され、海外との人的交流も再開される見通しだが、第2波ではウイルスが強毒化する懸念も指摘されている。

 中原氏は「観光客の訪日は当分、止めた方がよい。経済面でやむをえないならばビジネス関係者のみに留めておくべきではないか」と提言した。

関連ニュース