記事詳細

レジ袋は悪なのか!?7・1から有料化… 業界主張「ポリ袋は実はエコ商材なんです」 (2/2ページ)

 同社担当者は、「有料化に関しては(意見は)差し控える」としつつ、「メーカーなのでポリエチレンを知っていただいたうえで、環境について考えてもらいたいと思った」と話す。

 衛生面については今年4月に、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、米国の一部の州ではマイバッグを禁止する動きもあった。

 コスト面での消費者負担を心配する向きもある。

 「少額とはいえ、今まで店舗側が負担していたレジ袋の費用負担を、消費者が負担することになる」と指摘するのは、ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏。レジ袋の代わりにマイバックが推奨されるが「マイバッグ購入にあまりお金をかけると、エコではあっても経済的に負担増になることもある。キャンペーンなどで配られるバッグを無料で入手してもいいのではないか」と語る。

 今後の買い物では、状況に応じて有料でレジ袋をもらうのも手だと山崎氏はアドバイスする。

 「レジ袋を自宅でゴミ袋として再利用している人の場合、代替品としてゴミ袋を買うという人も出てくるだろう。その値段によっては、店舗でレジ袋を買ってもいいのではないか」

関連ニュース