記事詳細

止まらない中国“暴挙” 尖閣侵入84日連続

 中国は週明け6日も、沖縄県・尖閣諸島への領土的野心をあらわにしている。第11管区海上保安本部(那覇)によると、中国海警局の武装公船などは同日朝、尖閣周辺の接続水域内にとどまり、84日連続となった。2012年9月の国有化以降で最長日数を更新している。

 中国公船2隻は、4日午前2時25分ごろから、5日午後5時45分ごろまで、尖閣周辺の日本領海を侵犯した、国有化以降、最長となる39時間23分を記録した。6日午前8時時点では、領海侵犯はないという。

関連ニュース