記事詳細

13年にコロナ類似ウイルス…武漢研究所、死者は未発表 英紙報道

 5日付の英紙サンデー・タイムズは、新型コロナウイルスに非常に似たウイルスを、中国湖北省武漢市の中国科学院武漢ウイルス研究所が2013年に確認していたと報じた。この類似ウイルスが原因とみられる症状で死者が出たが、後に公表された論文で言及されなかったとしている。

 同紙によると、中国雲南省の銅山の廃坑で12年、コウモリのふんを片付ける作業をした6人が重い肺炎になり入院。うち3人が死亡した。死者1人を含む4人から「未知のコロナウイルス」が確認された。

 研究所のウイルス専門家、石正麗氏らのチームが廃坑からコウモリのふんのサンプルを採取。約半分からコロナウイルスが検出された。研究結果は16年に発表されたが3人の死者には触れていなかった。

 石氏は今年2月、研究所が過去にコウモリから採取したコロナウイルスと新型コロナの遺伝子の配列が96・2%同じだと発表。タイムズ紙はこのコロナウイルスが銅山で確認されたものであることは「ほぼ確実だ」と伝えた。 (共同)

関連ニュース